低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

低用量ピルはどこがいいの?

低用量ピルは優れた避妊薬です。
この薬のどこが良いのでしょう。
この薬は2種類の女性ホルモンが配合された、排卵を抑制したり、子宮内膜が厚くなるのを防いだりする効能があるものです。
受精しても、子宮内膜が厚くなければ受精卵が着床ぜず妊娠しません。
そして、避妊することができるだけでなく、子宮内膜症などにも有効です。
卵巣がん、子宮たいがん、子宮内膜症など子宮の病気を予防することもできます。
また月経痛や月経不順も改善します。
それから月経が来る日を調節することができますし、月経量が少なくなります。
面接や試験、旅行などの日に月経が来ないように調整することできるのです。
さらにニキビが改善する効果もありますし、肌の調子がよくなります。
避妊の確率については正しい飲み方をすればほぼ100%です。
低用量ピルは、男性に任せなくても、女性の意思で避妊することができる薬なのです。

なお低用量を飲むのをやめてから3、4ヶ月でまた妊娠できるようになります。
副作用については飲み始めに軽い吐き気や頭痛などを感じる人もいます。
もし吐き気を感じたら、乗り物の酔いの薬を飲んだり、ビタミンB6を摂ったりしてください。
不妊になったり、がんになったりするようなことはありません。
とても安全です。
低用量ピルを飲むことができない人もいます。
血圧が高い人、血栓がある人、また不正な出血がある人などです。
他に妊娠中の人、授乳中の人、また思春期前の若い人、1日15本以上のたばこを吸う35歳以上の人もです。
また、飲み方については1日1錠を定時に飲んでください。
飲み忘れた場合については、その日のうちなら気付いた時に1錠、次の定時に1錠を飲んでください。
低用量ピルをお探しならこちらで通販できます。