低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

低用量ピルと卵巣の働きの増加について

低用量ピルは女性ホルモンが含まれた経口避妊薬です。毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えることが出来ます。そのため、低用量ピルは正しく服用することでほぼ100%確実に避妊することができます。
低用量ピルは、3つの作用によって妊娠を防ぎます。まず1つ目が排卵の抑制です。この薬にはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンを含んでおり、それらのホルモンの働きにより脳下垂体を妊娠した状態だと思い込ませることが出来ます。実際には妊娠していないにも疑似妊娠の状態になり、排卵を促す際に必須である黄体化ホルモンの分泌が抑制されます。そのため、卵巣は排卵する必要が無くなり休眠した状態になります。次に2つ目が子宮内膜とよばれる子宮の内側の増加・増殖を抑えることで着床しにくい環境を作り出します。そして最後に3つ目、子宮頚管とよばれる子宮の入り口の粘液を変化させることで、精子が子 宮へ入りにくくします。このように女性の体を少し変化させることで望まない妊娠を防ぐことが出来るのです。
ただ、排卵を抑制するため体に悪いのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。ですが実は卵巣を休ませることが出来るため低用量ピルを服用すると子宮体がんや卵巣がんになる確率を下げることが出来るのです。また、生理痛を緩和する効果もあるとされておりデメリットが少ないことも特徴です。ただ、むくみにより体重が多少増加したりすることはあります。また、現在は性の多様化によってかなりのスピードで性病が増加しています。低用量ピルは高い確率で避妊をすることが出来ますが性病を防ぐことは出来ませんのでコンドームとの併用をおすすめします。