低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

低用量ピルと従来のピルとの差はなに?

現在、婦人科などで処方されるピルは、低用量ピルが主流となっています。
なぜ、低用量タイプのピルが主流となっているのかというと、従来のピルよりも体への負担が小さいからです。
40年ほど前、ピルが誕生した際はホルモン剤が多く配合された、高用量ピルしかありませんでした。
高用量ピルは服用すると、体内の女性ホルモン量が一気に増加します。
女性ホルモンバランスが急激に変化してしまうので、強い副作用を起こしやすかったのです。
副作用としては吐き気や頭痛、腹痛などが挙げられます。
「ピルは副作用が大きい薬」というイメージがあるのは、高用量ピルが原因なのです。
一方、最近処方されている低用量ピルは、含まれている人工ホルモン剤が最小限に抑えられています。
服用しても急激に女性ホルモンのバランスが変化せず、緩やかに作用するので副作用を起こしにくくなっている点が特徴です。
副作用が起こり難くなっているので、安心して飲めるピルとして低用量ピルは普及しました。
低用量ピルは避妊薬としての目的はもちろん、他にも様々な目的で処方されています。
月経困難症や生理不順、月経前症候群に子宮内膜症といった、女性特有の病気の治療・緩和に低用量のピルは大きな効果を発揮します。
服用するタイミングを変えれば、生理の日程をコントロールする事も可能です。
テストや旅行など大事な日に、生理になりたくないという時、低用量ピルでコントロールすれば、快適に過ごす事ができるのです。
また、最近は女性ホルモンバランスの崩れによって起こる、大人ニキビの治療にも用いられています。
このように、低用量ピルは女性のライフスタイルを改善する薬として、幅広く普及しているのです。