低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

低用量ピルの副作用でもある頭痛の改善法について

低用量ピルは正しく使用することで高い避妊の効果を発揮することが出来、人によっては子宮系の治療や月経前症候群の改善にも使用されるほど女性にとって強い味方になります。低用量ピルには妊娠時に多く分泌されるプロゲステロンが配合されているため脳は身体が妊娠したと勘違いし排卵を停止する作用があります。しかしこの妊娠したと勘違いさせたことにより、副作用として頭痛や吐き気、乳房のハリなど妊娠初期の悪阻に似た症状を引き起こします。これら副作用は低用量ピルを使い続けていくうちに気にならなくなるとされていますが、初めて使用したときにはその症状が辛いと感じる人もいるのではないでしょうか。その時に低用量ピルを処方した病院で副作用を緩和する薬を処方してもらえれば良いのですが、必ずしもそれが出来るとは限りません。ではその場合はどの様にすれば改善できるのでしょうか。
最も簡単な対処法は市販の頭痛薬を服用することです。薬の併用は怖いと感じる人もいると思いますが、低用量ピルと市販されている頭痛薬の併用は問題がなく、また一般的な風邪薬程度ならこちらも併用は問題がないとされています。そのため頭痛が気になり生活に支障を与えるのであれば市販の頭痛薬を服用して様子を見ることが出来ます。しかし2~3シートを使用しても副作用と思われる症状が治らない場合は必ず医師に商談をして下さい。もしかすると使用してい低用量ピル合わない可能性があるため、他の種類に変えてもらいましょう。
低用量ピルの副作用を我慢してまで使用するのではなく、痛み止め等を併用することで対処することが出来ます。我慢するのではなく、市販されている頭痛薬などを服用するように適切な対処法をとることで使用が楽になることを覚えていると、気持ちが楽になるのかもしれません。