低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

低用量ピルを選ぶポイントはなに?

低用量ピルがどのような場合の病気に使われるのか、これに関して言えば「子宮筋腫」などの病気、また「更年期障害」などの病気に使われるとされています。

実際、社会に出てみれば多くの女性がこれらの子宮筋腫や更年期障害などで悩んでおり、会社を急に休む女性もいます。
その場合、分かりづらいものですが40代くらいの女性の場合には深刻な「更年期障害」でイライラが止まらなかった、という人もいます。

また子宮筋腫に関しても、まったく本人が気づかないまま、子宮筋腫が大きくなってしまい結果として、ある日突然に会社を休んで、手術を行うという女性もいます。

このように、女性の身体はとてもデリケートにできている、と言われており、大きな会社であれば有休などや福利厚生がとてもあついために、休みやすいように人員配置などを行っています。

低用量ピルは、「子宮筋腫」や「更年期障害」などの病気の治療のために使われるとされており選ぶポイントとしては、自分の体に合うか合わないか、という点です。
低用量ピルが身体に合う人の場合には、それほど副作用などもなく日々を過ごすことが出来ますが、副作用が大きい人の場合には、低用量ピルを飲み始めてから、体調が悪くなってしまうという身体に合わない人もいるからです。

ただし、下痢やおう吐などが続き、生理のような苦痛が生理前に来る変わりに、月経期間中には苦しみはほとんどない、という人もいます。

また、低用量ピルの代わりに治療に勧められるものとして、漢方があります。

これについては、「更年期障害」などよりも若者がなりやすい「月経困難症」への治療に使われることが多いとされています。
漢方は苦いですが、身体にとってはこちらの方が合う、という人もいるため本当に個人差が大きい選び方になります。
要するに自分の身体に合うか合わないかがポイントになります。