低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

低用量ピル:ロキソニンと流産に関して

ロキソニンというと、痛み止めという印象が強いお薬ですが、実際に薬局などでも販売がされているように、月経痛の痛み止めなどや、頭痛の痛みなどを和らげるためにあるお薬です。

ロキソニンは、この他にも肩などの痛みを和らげてくれる効果があります。

そのため、月経痛で痛みが酷い女性の場合、同時に肩こりなどがある人は、自然と肩こりや腰の痛みなども和らげてくれるとロキソニンを常備している人もいます。

実は、本来であれば生理痛というものはあまりない、と言われています。
つまり、本来であれば「月経痛、生理痛」という痛みというものはほとんどないということが正常である、とされています。

しかし、世の中の女性はやはり生理痛などで苦しんでいることが多いものです。

そこにはもしかすると、子宮筋腫などが原因のために生理痛などの痛みが激しいとされる例もあります。

子宮筋腫に関しては、分かりづらい病気であるため、結婚し、妊娠し、出産をする際に子宮筋腫が見つかり、最悪の場合には流産となってしまうこともあるとされています。

低用量ピルを使うと、このような子宮筋腫を治していくことが出来ると言われているため、定期的に低用量ピルを使って、治療を行っている方々もいます。

また、ロキソニンなどのような痛み止めは、市販もされていますが、もちろん、産婦人科でも処方してもらえるものであり、多くの薬でどうしても痛みが止まらない、市販の痛み止めでは太刀打ちできない、というような痛みの場合でも、産婦人科などで出される処方箋の場合には、強い効果を発揮してくれるものがあるため、同じロキソニンでも、効果が異なるケースがある、とされています。

これらのことから、かなり月経痛が酷い人は、産婦人科で痛みを訴えてみると改善されるかもしれません。