低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

悪いイメージの低用量ピルだが背中のニキビにも効果有

世界中で女性たちに愛されている低用量ピルは、少ないホルモン量で、望まない妊娠を回避させることのできる優れた医薬品で、避妊成功確率はコンドームをしのぐほど高く、女性が自らの意思だけで確実な避妊対策ができるので、諸外国では非常にポピュラーなお薬です。しかし、残念なことに我が国においては、ピルに対して、悪い印象を持っている方も多く、まだまだ普及率は低いといわざるを得ません。というのも、我が国においてこの低用量ピルが解禁となったのは、つい最近のことで、それまでは中用量ピルが処方されていたので、どうしても副作用が強く出てしまうこともあり、怖い薬だというイメージが定着してしまっていたようです。しかし、今、処方されるピルは低用量タイプなので、まずそのような不具合はなく、すぐに身体に慣れる方も多く、安全に服用できるようになっています。それに加えて、男性の中には、ピルを服用している女性は、性に対して奔放だ、遊んでいる、などといった偏見を持っている方も多く、そういった馬鹿げた認識を持つ輩の目を気にして、ピルの服用をためらっている女性も少なくないようです。低用量ピルには、避妊効果だけではなく、生理不順を改善したり、生理痛の緩和や月経前症候群の緩和、経血量の減少、そして背中や顔にできるニキビの改善など、女性の美容と健康に大いに役立ってくれる効果が期待できるのです。加えて、更年期障害や子宮内膜症の治療などにも用いられており、広い分野において効果を発揮してくれるので、婦人科医も積極的に推奨しています。ホルモンバランスを整える力が素晴らしく高いので、女性の心と身体を安定させ、日常生活の質を格段に向上させてくれます。