低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

知恵袋で症状が気になったら低用量ピル選択

知恵袋で生理前になるとイライラするや、生理に関係なく不正出血が起こり悩んでいる、といった女性特有の症状が相談されている場合があります。その様な悩みを見ると自分もそうだ、と思う人も少なくないかもしれませんが、その悩みを解決する方法として低用量ピルの使用があります。
低用量ピルというと避妊薬として認識している人もいるかもしれません。確かに低用量ピルには妊娠時に多く分泌されるプロゲステロンが配合されており、これを定期的に身体に摂取することでプロゲステロンの濃度を一定にし、体は妊娠したと脳が勘違いし排卵の停止を命令します。排卵をしないため避妊を高い確率で成功させることが出来ます。しかしプロゲステロンは女性ホルモンの1種でもあり、これを摂取することでホルモンの急激な変化を防ぐことが出来、月経前症候群の改善にもつながります。月経前症候群や不正出血の原因はホルモンバランスの乱れも関係していると言われ、それらの改善にはまずホルモンバランスを整えることが必要になります。そこで低用量ピルを使用することでホルモンバランスを整え、月経前症候群や不正出血といった女性特有の症状の改善を図ることが出来るのです。
ところで性交渉において避妊は男性主体になっているカップルは思ったよりも多いのではないでしょうか。そのためコンドームの着用を嫌がる彼氏だと、ちゃんとした避妊をすることが出来ずに悩む女性も少なくないと思います。その時にまだ妊娠を望んでいないならば、避妊を人任せにしないで女性も自分が出来る範囲で避妊をすることは大切で、正しく使用することで99.9%の避妊の効果を発揮することのできる低用量ピルは、女性特有の症状の改善することも出来る女性の強い味方なのです。