低用量ピルは従来のピルと違うことは勿論ですが、低用量ピルと呼ばれているものの中でも種類があり違いがあります。どのような違いがあるのかを詳しく見て学んでいきましょう。

低用量ピルの違いについて考えている女性

低用量ピルの種類の違いを見よう:掲載記事一覧

  • 低用量ピルと卵巣の働きの増加について

    低用量ピルは女性ホルモンが含まれた経口避妊薬です。毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えることが出来ます。そのため、低用量ピルは正しく服用することでほぼ100%確実に避妊することができます。 低用量…続きを読む

  • 知恵袋で症状が気になったら低用量ピル選択

    知恵袋で生理前になるとイライラするや、生理に関係なく不正出血が起こり悩んでいる、といった女性特有の症状が相談されている場合があります。その様な悩みを見ると自分もそうだ、と思う人も少なくないかもしれませんが、その悩みを解決…続きを読む

  • 低用量ピル:ロキソニンと流産に関して

    ロキソニンというと、痛み止めという印象が強いお薬ですが、実際に薬局などでも販売がされているように、月経痛の痛み止めなどや、頭痛の痛みなどを和らげるためにあるお薬です。 ロキソニンは、この他にも肩などの痛みを和らげてくれる…続きを読む

  • 低用量ピルを選ぶポイントはなに?

    低用量ピルがどのような場合の病気に使われるのか、これに関して言えば「子宮筋腫」などの病気、また「更年期障害」などの病気に使われるとされています。 実際、社会に出てみれば多くの女性がこれらの子宮筋腫や更年期障害などで悩んで…続きを読む

  • 低用量ピルと従来のピルとの差はなに?

    現在、婦人科などで処方されるピルは、低用量ピルが主流となっています。 なぜ、低用量タイプのピルが主流となっているのかというと、従来のピルよりも体への負担が小さいからです。 40年ほど前、ピルが誕生した際はホルモン剤が多く…続きを読む